<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2015年 ありがとうございました

c0364896_20350118.jpg


2015年もあと数時間。私生活でお世話になった方も、ブログだけを見に来てくださっているご縁の方も、ありがとうございました。来年も、気ままに綴るブログになりますが、またよろしくお願いします。

さて、ここからはわたしの今年を超超個人的に写真で振り返ってみます。長いですので飛ばし読みして下さい…。
c0364896_20350155.jpg


まず、去年の大晦日から振り返りますが…今では夫となった彼が、初めて我が家の集まりに参加したドキドキの日でした(夫が)。両親には会ったことあったけれど、姉一家とは初めてで。姪っ子達にはわたしに彼がいることすら言ってなかったので、びっくり仰天のご対面でした❤️

みんなで夜ごはんの後は、横浜に住んでからずっと行きたかった、横浜港の年越しへ二人で出かけて、初めて除夜の汽笛を聞いたときの写真がコレ⇧。

今になると、あの時行っておいて良かった〜!全然大したことなかったけれど、子供がいたら深夜のお出かけは当分できないし、引っ越してしまった今となっては混雑する電車を避けてタクシーで帰る、なんて芸当もできない距離になってしまったし!

c0364896_18255097.jpg

1月の間に両家顔合わせのお食事会を経て、無事入籍。結構駆け足のバタバタですな。

入籍した日は、2人で近所の大好きなレストランで、ひっそりお祝いディナーしたのでした。ピザと自家製ソーセージが絶品なレストラン。

c0364896_18255142.jpg

仕事は2月までで退職しました。難しい決断でしたが、どうしても早く子供が欲しかったので、職場や職種の特性、自分の年齢などいろいろな側面を考えるといまが辞めどきかなと。

で、最後に自分レシピでやった教室のメニューの一つが、長芋のコロッケ⇧でした!

c0364896_18255116.jpg

退職のときに、結婚祝いとして特注ケーキを頂きました!こんなものを頂けるのは人生で何度もあることではないので、嬉しかった!似てるかどうかは別として(笑)。

c0364896_18255187.jpg

指輪は、結婚してから2人で買いに。

この指輪には名前が付いていて、それが決め手となりました!何かと言うと…

婚約指輪が『木漏れ日』
結婚指輪が『せせらぎ』

こもれび!やっぱりこの言葉が持つ響きとイメージが好き。

c0364896_18255164.jpg

その後すぐに妊娠判明と同時につわりで2ヶ月半の活動不能期間があり、安定期に入ってからの旅行。

このとき、夕食を頂きながら、ずーーーーっと子供の名前を2人で考えていました。言葉遊びのような感じで。男子の名前は真面目なのからそうじゃないのまで100通りくらい出たのに、女子の名前はこの時から今まで一つしか出ていません。さて、どちらになるかな?
c0364896_18255104.jpg

安定期には引っ越しを。

今年は年末の大掃除ができなかったけど、引っ越したばかりだからまあいっか!暖かくなった頃、窓をパーッと開けはなしてやります。


c0364896_18255299.jpg

お弁当作りはまだまだ試行錯誤中。ネタ切れになったり、豪華になりすぎたり。基本的にはまだ気構えすぎなようです。赤ちゃんが産まれたら、もう少し楽な気持ちでゆるく続けていけたらいいなー。

雅姫さんがこんな風にお弁当の羅列写真を載せていて壮観だったので、真似してみました!

c0364896_18255225.jpg

そして、今年最後。今日から始めたこと。

ラズベリーリーフティーを飲み始めました。安産のお茶として有名らしいので、ちょっとのってみました。ハーブティーが苦手なわたしだけど、平気かな?と飲んでみたら、昔勤めていた飲食店で出していて割と好きだった「ベルベイヌ」というハーブティーに似た味がしました。

ベルベイヌは調べてみたらベルベーヌ=レモンバーベナのことらしいです。草っぽい味。

ラズベリーリーフティーは安産だけじゃなく、産後の母乳に良かったり、女性の体を整えてくれる働きがあるそうなので妊娠希望の人や生理不順の人にも良いそうですよ〜。

さて、振り返るとやっぱり今年は大きな変化がたくさんあって、その全てが結果的にじわじわと良い方に向かって、幸福な1年だったな。感謝です。

今年は母と2人で静かな大晦日。明日は父や夫、姉一家も揃って賑やかなお正月になりそう。これから紅白をBGMに、お煮しめ作ろうと思います。

皆様も、良いお年を!

[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-31 18:40

ペーパーナノ: タージマハル②

c0364896_20091740.jpg

5月に途中までやって放置していたタージマハルを、里帰りの時に持ってきていました。暇かな〜と思って。

c0364896_20091799.jpg

しかし、歩くのと一緒で、取り掛かるまでが面倒。一度始めてしまえばあとは夢中になるだけなんだけれど…。

で、重い腰を上げてやり始めたらやっぱり一気に完成させてしまいました。

c0364896_20091766.jpg

うーん、この雰囲気、好みだわ〜❤️作ってよかった。

でももう飾るところがないので、ペーパーナノはこれにて卒業。

…と思ったら、久しぶりの紙切り作業で触発されてしまったのか、今日のお散歩途中に寄った100円ショップでいろいろとペーパークラフト系のものを買ってしまいました。赤ちゃんの、最初の1年のアルバムは作ろうかな〜とぽわわ〜んと思っていた気持ちに火がついた感じ!




ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡

[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-29 19:55 | ペーパークラフト的なもの

お散歩の風景

c0364896_16461058.jpg

元々歩くのが好き、というか苦にならないタイプなので、徒歩1時間以内の距離ならば、まず歩くことを検討してみるわたしです。

天気と体調と、その日の予定に沿った服装と気分と。全部歩くか、途中まで歩くか、往きだけか。

c0364896_16461108.jpg

そんな風なので、妊娠してからも、つわり期と真夏の猛暑期以外はかなりよく歩いていました。

何かで読んだところによると、妊娠中、特に後期はどんどん子宮が大きくなって心臓を圧迫したり、下半身の血流が悪くなるので、第二の心臓と言われるふくらはぎを動かすのは理にかなっているそう。

どうりで歩いたほうが調子がいいわけだ。
c0364896_16461159.jpg

春からの写真を振り返ってみると、そんなお散歩の風景がちらほらと。季節が移り変わっています。

c0364896_16461119.jpg

引っ越し前は、みなとみらい地区、野毛、関内、ちょっと頑張れば中華街や元町もお散歩圏内でした。

横浜の代表的な観光地を廻れるのはやはり楽しく、お得な気分で。いつまでもその辺りに住めないことは明白だったので、存分に楽しんでおこうと時間があれば、テクテクと。
c0364896_16461160.jpg

こんな緑豊かな場所もあります。掃部山公園というところで、紅葉坂近くの、とっても広い公園です。ちょっと日本庭園風?なエリアもあったりして。

c0364896_16461120.jpg

郊外に引っ越してからはいっそう緑豊かに。日々の風景も変わりました。

c0364896_16461298.jpg

引っ越して早々に、程よい距離と風景のお散歩コースを見つけて、往復1時間ほど歩いていました。途中、本屋さんで立ち読みやちょこちょこと買い物を挟むと2時間くらい。


c0364896_16461286.jpg

遊歩道にはベンチがあって、妊婦にはありがたい。お腹が張ったり動悸が激しくなったら座ってボーッと一時休憩。

c0364896_16461266.jpg

引っ越し先の最寄駅前で、11月の深夜、何かの撮影をしているよー、と帰宅途中の夫から電話が。すぐ行く!!と、野次馬根性で1時間ほど見物したこともありました。

そのCM(だったらしい)が最近放映開始されたようで。わたしはまだ見ていませんが。。。ちなみに、あばれる君が出ているCMです。遠くからしか見物できなかったので、やっぱりあれはあばれる君だったんだ!とテレビで確認。


c0364896_16461315.jpg

そして冬になって、里帰りした今。実家なのをいいことに、母に甘えてなーんにもしない毎日。臨月に入って急にお腹が重く、動くのが辛いというのも事実ですが、どちらかというとただの怠惰なぐうたら娘、という体。

やっぱり散歩くらいはしたほうがいいよね…ということで、今日は家から2.5キロほどのところにできたスタバまでの往復散歩。本と、妊娠中のことを書き留めているノートを持って。

もう正産期に入ってるので医学的にはいつ産まれてもいいのですが、大人の事情でお正月過ぎまではまだ出てきてほしくないので、あまり刺激にならないようにゆっく〜り歩いてきました。

久しぶりに飲んだほうじ茶ラテがとっても美味しく感じた〜。ミルクがほんのり甘い。産まれたらこんな時間もしばらくは持てなくなるのかな?

最近は、お産中の自分のことより、赤ちゃんがどうやって出てくるんだろう?ということばかりを想像しています。産道の狭さに合わせて頭蓋骨を重ね合わせて出てくるって!!赤ちゃんこそ、命がけだと思ったら、自分も頑張れる気がするから。





ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡

[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-28 16:45 | 横浜ぶらり

1日だけのクリスマス

c0364896_12451325.jpg

早くもクリスマスグッズがお買い得になっていたので、来年用に購入。全て100〜300円…材料費にもなってないんじゃ?!

こちらはサンタと言うより小人?妖精?

夫は、「えっ、アボカドに帽子かぶせたの?」と。言われてみれば!

c0364896_12451498.jpg

今までだったら選ばないようなメルヘンチックなのを手に取ったのは、やっぱりこれから環境が変わるから自然とそうなったのかな?

自宅に帰って1日だけ飾って、すぐに片付けてきました。来年からの、お楽しみ。




ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡

[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-24 12:37 | その他の日記

りんごとバナナのパイ

c0364896_05201135.jpg

里帰りしたので、地元近くに住む幼なじみのおうちにお邪魔してきました。

お土産何にしようかな?と考えていると、母が「冷凍パイシートあるよ。りんごもあるよ」と言ってくれたので簡単にアップルパイを焼いていくことに。

りんごは小さめに切って、このレシピ『akot recipe フライパン焼きりんご』の要領で焼きました。

ちょっとキャラメリゼします。小さい子がいるおうちへのお土産なので、今回はリキュールなしで。わたしも妊婦だし。

パイシートの大きさそのまま活かしてドーンと大きく✖️二台焼こうとしたら、りんごが足りなそうだったので、半分はバナナを乗せることに。ここまでは前日に作戦を練っていました。

そしたらその夜、全然眠れなかったので、せっかくだからカスタードクリームも作っておくことに。ネットで簡単そうなレシピを検索し、真夜中3時ごろゴソゴソ作りました。

さあ当日、いざ成形。

パイは長い方の縁を少し残してまずカスタードクリームを塗り、その上に細長く半々になるように、りんごとバナナを乗せました。こうすれば1人分切った時に両方の味が楽しめる。そして上から切り込みを入れたパイシートをもう一枚かぶせて少し高めの210度で焼きました。

すごく簡単に作ったものだったのに、幼なじみがとても喜んでくれて、作り方まで聞いてくれました!

幼なじみのおうちからそのまま横浜の自宅に帰って、夫にも「りんごとバナナのパイがあるよ」と出そうとしたら、「カスタードが入ってたら最高だよね」と言うので、わたし思わずニヤリとして、

安心してください、入ってますよ!

と返しました。ふっふっふー!

c0364896_05201296.jpg

さて、自宅に帰ったはいいものの、食材をまた残していくわけにはいかないので、最低限の買い物と、わたしが出て行って以来冷蔵庫に放置されていたわずかな食材でささやかなクリスマスディナー…いつもとそんなに変わりませんが。

ビーフストロガノフだけはちゃんと作って、あとは伸ばすだけの缶詰コーンポタージュ。それからスーパーのお惣菜コーナーのシーザーサラダに、うちの野菜室で干からびていたコールラビという新種の?野菜を使ったサラダを足して。

こんなときくらい出来合いに頼るのもいいですね。

ビーフストロガノフには、これまたわたしが出て行く前に皮を剥いて切っておいたまま放置されていたりんごをすりおろして入れてみたら、コクと甘みが出ていい感じに!

一日中、家でゴロゴロしながらも、ケーキやアイスはしっかり堪能。ハーゲンダッツのキャラメルトリュフ(だったかな?)というのが美味しかったです❤️



ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡

[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-24 04:46 | 洋スイーツ

クリスマスの思い出いろいろ

c0364896_19185650.jpg
クリスマスの思い出。どんなのありますか?
今年は暇なので、いろんなクリスマスを思い出したりしています。


数年前までは、こうやってアイシングクッキーもよく作っていたな。これを作るには、ちょっと気合がいる。あと、時間もいるし、材料も必要。でもプレゼントする相手の喜んでくれる顔を思い浮かべると、喜々として作っていました。今年はもうあまり人に会う予定がなくなってしまったので、おあずけかな。

なにより、臨月に入ったからか、里帰りして運動量が減ったからか、どれが理由かわからないけれど、とにかく体がおもーーーい!急にお腹がずっしりと重くなり、本当に動くのがつらくなってきました。赤ちゃんが急激に大きくなっているようなのに、まだ下がりきっていないので、胃や心臓の圧迫からもまだ開放されず。そのため疲労感やムカムカ感も倍増。臨月ってすごいですね~。初めての体験は何事も驚きがたくさん。

それも来年以降は「クリスマスの思い出」として記憶の中に残っていくんだろうな。
c0364896_19190389.jpg
子供のころのクリスマスは・・・実はあんまり覚えていない。最後に来たサンタさんのことや、毎年家族でやってくれていたパーティーのことはなんとなく。習っていたピアノ教室でも毎年クリスマスパーティーがあり、ミニ発表会のようにひとりずつ演奏を披露しなければいけませんでした。

高校生の頃のダンス部では持ち寄りの料理と一年生の出し物(宴会芸)が定番のパーティーがあって、その日は死ぬほど食べて笑う、という一日。

アメリカ留学中は、冬休み中で寮が閉鎖されてしまうので、やむなく一か月間旅行して回っていました。クリスマスからお正月にかけてはNYにいて、でもお金も気力もなくて、つらくて寒くてわびしかった~という印象しかありません。毎日ベーグルばかり食べて、NYにいるのにタイムズスクエアのカウントダウンはテレビで見たくらい、もう外に出ていく意欲がなかった。。。今から考えるともっと満喫しなかったのはもったいないことだけど、それも思い出。

c0364896_19183415.jpg
飲食店で働いているときのクリスマスは、そりゃーもう戦場でしたねぇ。でもすごく楽しかった。ちょっと規模が大きくて責任感が伴う文化祭が三日三晩続く、って感じでした。売り物にならなくなったホールケーキを丸ごと食べていたのもこの頃です。「一番、もう一度戻ってみたいクリスマスは?」と聞かれたら、きっとこの時代。

c0364896_19192491.jpg
料理教室で働いていた時のクリスマスは一番記憶が新しいからよく覚えている。料理教室では11月にクリスマス料理、12月はおせち、というのが定番でした。そしてクリスマス直前&当日はクリスマスケーキの教室・・・というより、家族のクリスマスケーキを教室で作ってもらって、そのままお持ち帰りしてパーティー、というパターンが多かったですね。老若男女、様々な人が参加していました。

クリスマスケーキのために、きれいで形が揃っていて、そしてなるべく安いイチゴを何軒も探して集めたり、適切なケーキの箱を探して注文したり、その一方でおせち用の食材でまだ店頭に並んでいないものを探したり・・・。

こうしてみると、料理教室の仕事って、探すことがかなり重要な位置を占めていたんですねぇ~~~。

c0364896_19191348.jpg
こうして見ると、大人になってからプライベートでのロマンティックな(?)クリスマスの思い出ってないな!そもそも普通の日本人はクリスマスと言ったって、普通に仕事ですもんね。今の旦那さんとも、お互いイベントにそれほど盛り上がるタイプではないため、なんにも思い出がない。プレゼントもケーキも素敵なレストランでの食事もなし。

今年は何気に、結婚してから初めてのクリスマスなので一回自宅に帰ろうかと思っているけれど、結局家でだらだら~っと終わりそうです。ある意味一番幸せなことですがね。




ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡
[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-21 09:43 | その他の日記

蓬莱飾りのワークショップ

c0364896_13084074.jpg


里帰り前最後のイベント&ひとり遠出は、フラワースタイリスト平井かずみさんの「蓬莱飾り」作りワークショップ!こちらも何とも嬉しいおこぼれで、お誘い頂いて参加することができました。

c0364896_13084123.jpg
平井かずみさんと言えば、数々の雑誌などで活躍されている大人気フラワースタイリスト。お教室は毎回すぐに満席になってしまうそうで、今回はなんてラッキーだったんでしょう♡

蓬莱飾りというのは、新年を祝う飾り物のひとつだそうで、わたしはその名前を初めて聞きました。今回は、現代の洋風なおうちにも合うように、そしてクリスマス前から飾っても違和感がないように平井さんがアレンジしたものを教わります。

まずは、紅白の水引で丸い飾りを作って・・・って、まずここで参加者一同四苦八苦!平井さんも大声を張り上げてしまうほどの悪戦苦闘ぶり。要領がわかってしまえば、何てことはないのですが~、それまでが「えっ?赤が下?右?えっえっえっ?」というような声があちらこちらから。なんとか形になりました。


c0364896_13084171.jpg
こちらが本題でした。小さなスワッグのような、グリーンの花束を作るような要領でまとめていきます。使ったのは、

ヒカゲノカズラ
 一番分量が多い緑の部分。神事や祭事に使われる高貴な植物。

稲穂
 五穀豊穣を願う。また、新年に各家庭にいらっしゃる神様は稲穂に宿っているんだそう。

シダ
 本来は、「ウラジロ」というものを使うとのこと。

アサオ
 全体をまとめている、細いひものようなもの。こちらも神聖なものだとか。

水引
 明るい色を左、暗い色を右にするのが正式な飾り方。

以上、豆知識的なことはすべて最初の講義で教えてもらいました。


c0364896_13084290.jpg
平井さんのお話がすっごく面白くて、ちょっとびっくり!雑誌で見ていたときはおっとりおとなしい感じのイメージを持っていたのですが、もっとずっとユーモラスでお話し上手でチャーミング。とても楽しかったです。大人気のわけがわかるし、わたしもまた機会があったらお教室に参加したい!!!


c0364896_13084206.jpg
会場は、新宿オゾンセンター内のにっぽんフォルムというところで、伊藤まさこさんがセレクトしたお正月に関連する雑貨や食器などを展示している中でのワークショップでした。

当日は、伊藤まさこさんも会場にいらっしゃって、同時にふたりも人気のある方にお会いできるとは!

蓬莱飾りづくりの後は、伊藤さんが選んだお茶とお菓子まで出てきました。こちらは、京都の「越後屋多齢堂」というところのカステラだそうで、作って翌日までしか賞味期限が持たないという、関東在住者にとっては貴重品?!すごくふわふわ嵩高で、フォークで切ろうと思っても弾力がすごくて切れないくらい!

c0364896_13084048.jpg
南天の実と、お椀を使ったお正月のしつらいも。こうして飾ると一気にその空間が素敵になりますね。

「昔の人は、周囲にあった草花を使って素敵に空間を飾っていた、それが『しつらい』というもの」

というお話がすごく印象に残って、産後自宅に帰って春になったら、赤ちゃんを連れて散歩がてら公園(近所に森みたいな公園がある)で花を摘んでさりげなく飾ったりしたいな~~~と、ぽわわ~んと空想したりして。花を飾ることに対してのハードルが下がって、良い意識付けになりました。

[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-20 13:06 | その他の日記

念願の、味噌づくり


c0364896_13055522.jpg


味噌づくりは、ずっとやってみたいことの一つでした。周りの人でも体験したことのある人が非常に多く、いつも「いいな~」と思って機会を狙っていました。

そうしたら、臨月に入ろうというぎりぎりのタイミングで、お誘い頂いて体験することができました!な、なんということ!引き寄せた?!体調の心配をよそに、一つ返事で行くことに。

c0364896_13055637.jpg

味噌づくりというと、なんかこう、味噌玉みたいなのをたたきつけているイメージがあって、果たしてこのお腹でできるのだろうか・・・とも思ってはいましたが、行ってみたら全然大丈夫でした!

一番大変な、大豆を茹でて(蒸して)柔らかくし、つぶすという工程はもうできている状態からのスタート。た、助かる!この工程は圧力鍋がないとかなり大変らしいですね。お世話になった先生によると、大豆がつぶれた状態の「味噌づくりキット」なるものも売っているとのことなので、わたしは家で作る時もそのお世話になろうかしら。

そして、出来上がった玉もたたきつけるわけではなく、空気が入らないようにグッグッとこぶしで詰めていく感じ。

c0364896_13055617.jpg

最後に、カビ防止のために焼酎を塗って、また空気が入らないように気を付けながら密封。


c0364896_18111028.jpg


この出来上がった味噌2.5キロ分を担いで、そのまま横浜から代官山の美容院まで行った相変わらず不良妊婦なわたしなのでした。

今回は、米と麦の麹を使った合わせみそ。春ごろから試食を始めて良いとのこと。そのころには今はまだ姿も見えていない赤ちゃんの首が座っているのかも~と思うと、不思議な気分。

その前に、わたしの留守中に果たして旦那さんはちゃんとこの面倒を見てくれているかな?週に一度、上下左右に返せば良いだけで、あとは空気が充満してきたらこまめに抜くということくらい。「味噌番はオレにまかせとけ!」と言っていたけれど・・・ちょっと心配。


[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-20 09:59 | 和食

le petit bourgeon 過去レシピより フルーツクラフティ

c0364896_13075166.jpg
先ほど、くらしの芽レシピの最新ページのお知らせをしましたが、クリスマスといえばこんなのも過去にやりました!

くらしの芽レシピ「クリスマススペシャル フルーツクラフティ

こちらも、パーティーのデザートにとっても手軽でおすすめです。実は6月に携わらせていただいた杉並区の「エコライフ実践ジャー」の講座でもこのクラフティのアレンジバージョンを豆乳で作りました。クリスマスには写真のように色鮮やかなフルーツを数種類使うと華やかです。
c0364896_13080076.jpg
見るもの見るもの食べたい今のわたしには目の毒ですが。。。今の一番の願望は、ホールケーキをホールのまま食べることですが、なにか?

体重増加は、妊娠前からすでに10kg越えしてますが、病院では何も言われません。何も言われないのが本当に恐ろしい。今の赤ちゃんの体重は、大きめの白菜一個分に相当するようで・・・お腹が重いはずだわ。でも私自身の総体重は、その4倍ほど増えているってこと。白菜3個分はわたしの身になっている。きゃー。

c0364896_13082428.jpg
話がそれましたが。クラフティは、こんな風に星形をのせて粉糖を振ってもまた違う表情が生まれます。いろいろ素敵に飾って楽しんでください~。







ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡
[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-16 14:40 | le petit bourgeon

le petit bourgeon くらしの芽レシピ vol.15 チキンナゲット&里芋サラダ

c0364896_18155456.jpg
北欧アンティーク雑貨のお店「le petit bourgeon (ル・プティ・ブルジョン)」のホームページの中で書かせてもらっている不定期連載レシピ「くらしの芽レシピ」が更新されました!


今回は、グリーンのガラス製プレート。金の取っ手が華やかなすごーく素敵な食器です。家に置いておくだけでもきっとうっとり。

そんなプレートに合わせたのは、これからのパーティーシーズンにもぴったりの2品、チキンナゲット里芋サラダです。どちらもすご~~~~く簡単。

くらしの芽レシピvol.15 「チキンナゲット&里芋サラダ」はこちらから!


特に、チキンナゲットは子供にも大人気。拍子抜けするくらい簡単だし、なにより手作りだから安心してお子さんに食べてもらえます。

会社時代に子供教室でもやったことがあるくらいなので、お子さんと一緒に作っても楽しいかも!油で揚げるところだけ大人が気を付けてあげてくださいね。ちょっとはねる場合があります。

レシピにも書いたけれど、コツは油の中の焦げカスをこまめに取ること。きれいに仕上がります。



c0364896_18105359.jpg
一方、里芋サラダはちょっぴり大人味。生ハム、クリームチーズ、くるみ、バジルと、ワインに合いそうな組み合わせ。もちろん、生ハムを普通のハムやベーコンに代えたり、クリームチーズをプロセスチーズに代えてマヨネーズを少し増やしたりしてお子様に好まれる味にアレンジしてもらっても。

里芋というとバリエーションが限られることが多いと思いますが、こんな洋風の食べ方もぜひおすすめです。

今回は、パーティーのオードブルを意識して、チコリとクラッカーに乗せてみました。クラッカーは、この写真のものを初めて買ってみたのですが、たまたまスウェーデンのものです。これがおいしくて。特に、右の箱の丸いほうが、お気に入りです。全粒粉のクラッカーでほんのり甘め。ざっくりした食感もクセになります。

c0364896_18161369.jpg
撮影後のお楽しみ♡

おなじみ、発芽玄米パンとミネストローネを用意しておいたので、撮影で作った料理と合わせてお手軽ランチ。ナゲットは何もつけなくても味がしっかりしているのでおいしく食べられます。マスタードをつけてもよし!

c0364896_18154237.jpg
撮影風景。ん?!見慣れぬ男性がひとり。

プティブル店主さん(右)はわたしの大学のサークルの先輩でもあるのですが、「撮影するよ~」と言ったら、同じサークルでわたしと同期だった男の子(いまでは立派な一児の父ですが)がついてきました!わたし、会うのが15年ぶりくらい。びっくり~。でも全然変わっていない~。

ふたり、最新のミラーレス一眼を使って素敵な写真をバンバン撮ってくれました!わたしのポンポコリンお腹も撮ってくれて、妊娠中の良い記念になったー!あと、伸び放題だった長い髪の毛の記念にも。初めておでこを出すヘアスタイルの時期でした。レシピページにはそんなわたしのレアな姿もお恥ずかしながら載っています。この後、ばっさり髪を切って今はちびまる子です。






e0052593_21361121.jpg
<ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡
[PR]
by ayakomolevie | 2015-12-16 14:03 | le petit bourgeon