那須・にんぷの旅1:妊婦の宿選び

夏休みの旅行。どこへ行こうか??どうやって行こうか??考えました。

まず何よりも、自分の体調、体力、気持ちのテンション。そして旦那さんの希望。いやー、なかなか行き先が決まりませんでした。

調べてみると、マタニティプランがあるホテルや旅館がたくさんあります。今回は、あまり観光したい気分ではなく、宿泊先でゆっくりのんびりできるのがいいなと思ったので、マタニティプランがあってお料理が美味しそうな宿をピックアップ。マタニティプランの内容は場所によって色々ですが、このプランがあるお宿ならば食事や温泉を安心して楽しめるかな、と思いました。温泉は、泉質によっては妊婦NGなこともありますもんね。

次に、交通手段と行き先。家族からは「車は振動が激しいからやめたほうがいいのでは?」と。お医者さんには、「お腹が張ったりしていなければ、何を使っても同じ」と言われ。自分の体力的にもあまり遠くへは行きたくない。そして旦那さんは長距離運転が好きじゃない。ということなどから、電車で、乗り換えが少なくて、時間がかかりすぎないところ。

以上の2点からやっとやっと決まった宿泊先が、那須の「山水閣」さん。ちょっと贅沢しちゃいましたよ。
c0364896_08313995.jpg
贅沢だったけど・・・結果としてこちらにしてよかったー!とっても満足のいく滞在でした。

20代のころはとにかく歩けるだけ歩き、見れるだけ見て、動き回る旅だったのでホテルは寝るだけでよかったのだけど、30代半ばになったら変わってきました。そして去年から、「ちょっといいお宿でゆっくり温泉と料理を楽しむ」という贅沢を覚えてしまった我々夫婦。晩婚ならではです(笑)。でも子供が生まれたらしばらくは・・・少なくとも十数年は(?)そんな贅沢もおあずけ。なので、今行っておいてよかったな~♪

まずお宿についたら写真の甘味が出てきました。これがまたおいしくて。

c0364896_08321006.jpg

お料理は、どれも美しくおいしかったのは言うまでもないのですが・・・一番感動したのは、〆に出てきたこの豌豆飯。えんどうまめごはん。すなわち、グリーンピースごはんです。お豆のふっくら甘いこと!

ただでさえ妊婦的には旅館の食事は量が多いので、少しずつ旦那さんに分けながら食事の最後まで行き着いて、ごはんは申し訳ないけれどほとんど残してしまうかもな~と思っていたのに、あまりに美味しくて、惜しくて、全部食べてしまいました。

ちなみに、妊婦でなければこちらの食事の量はちょうど良いと思います。実際、私の分も少しずつ食べていた旦那さんでも「そんなに食べすぎた~」って感じではないよ、と言っていたので。それから、夕飯を終えて部屋に帰ると、お夜食のおにぎりが置いてあります。うひゃー!



c0364896_08322944.jpg
温泉は、貸切が3つ(うち1つは要予約、有料)と大浴場が男女ひとつずつ。マタニティプランだと、無料の貸切風呂の優先予約ができます。でも予約していなくても、空いていればいつでも入ってOK。大浴場も、ほとんど人がいなく、貸切状態でした。

いくら妊婦の入れる温泉と言っても、入り方には気を付けました。のぼせないよう、長くはつからない。お湯への出入りは必ずどこかに手をついて滑らないように。貸切風呂だと家族と入れるので、安心ですね。

滞在中、寒かったこともあって何回も入浴してしまいました。そして湯上りには写真のラウンジで無料のドリンク。趣ある建物、外には緑。ただただぼーっとできる気持ちの良い時間と空間。夜は外が真っ暗なので、朝風呂の後にここで過ごすのが最高でした。日常、情報や考えで埋め尽くされている脳が、すっきりクリアに。

は~。当初の目的通り、本当に「お宿でゆっくり」を満喫したなぁ!




ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡
[PR]
by ayakomolevie | 2015-09-02 09:16 | 2015那須の旅
<< 那須・にんぷの旅2:藤城清治美術館 ビーフストロガノフ >>