にんじんドレッシングと鶏のマリネ焼き


c0364896_13200441.jpg
先日の、エコライフ実践ジャーで作ったにんじんドレッシングと、そのアレンジレシピのご紹介です。

にんじんドレッシングは料理教室に勤めているときに作ったレシピですが、自分ですごく気に入ってしまったものの一つ。これを作ると、ドレッシングを食べたいがために野菜を用意する、といった具合です。

2週間以上おいしく保存できますが、色もこの鮮やかできれいなまま保てます。

講座の後、おうちで作ったらお子さんもたくさん食べてくれた!というお声も頂きました。そう、にんじん嫌いでも絶対に食べられます!

(レシピページへのリンクは、一番下にまとめて貼りますね。)
c0364896_13222721.jpg
講座の時には、ベビーリーフとプチトマト、それから焼きパプリカのサラダにのせました。

焼きパプリカは、丸ごとのパプリカにフォークをブスッと刺し、コンロの直火で真っ黒になるまで焼いて、冷水にとると皮がつるんと剥けます。生のパプリカもおいしいけれど、ちょっと火が通ってとろんとした焼きパプリカもおいしいですよ!以前、プティブルジョンのレシピコラムでもご紹介したことがあります。その時はオーブンで焼きました。パプリカがグリルに入るサイズであれば、それが一番楽で早いかもしれません。


c0364896_13194041.jpg

そして、このドレッシングをサラダ以外でも活用。

ステーキソースのように、焼いたお肉やお魚にただかけるだけでもおいしいと思いますが、今回はお肉の漬けだれとしてこのにんじんドレッシングを使った、鶏のマリネ焼きです。名前が何の工夫もない。。。

にんじんドレッシングに、白ワインと生姜を加えて鶏もも肉や鶏むね肉を一晩漬けて焼くだけ。出来立てはもちろん、冷めてもお肉が柔らかいので、お弁当のおかずやサンドイッチの具に良いかと。

写真が、講座当日にスマホで撮った簡易的なものしかなくてごめんなさい。

c0364896_13203838.jpg

家では、にんじんドレッシングをパスタと絡めたりなんかもしました。これは、カッペリーニなど、もっと細麺で、冷製パスタとして仕立てるほうがより美味しいかもしれません。少し酸味が効いてさっぱり食べられるので、これからの季節に、ぜひ。



☆にんじんドレッシングのレシピはこちら
akot recipe  にんじんドレッシング

☆鶏のマリネ焼きのレシピはこちら
akot recipe  鶏のマリネ焼き


ランキングに参加してみました
人気ブログランキングへ
↑ぽちっと押していただけると嬉しいです♡


[PR]
by ayakomolevie | 2015-07-08 16:43 | 洋食
<< なつかしのドロップ 横浜でウェディングフォトを撮りました >>